性暴力とは、性を使って相手の心と体を深く傷つける行為です。だからこそ被害にあった人のそばには、適切なケアとサポートができる支援者が必要です。私たち性暴力被害者支援センター・ひょうごは、被害にあわれた方の力を信じ、そっと寄り添い、意思とペースを尊重しながら、医療的、心理的、法的など必要な支援へ橋渡しをしていく活動を行っています。

本講座は性暴力被害者支援に関わる支援員(アドボケーター)を養成するためのもので、基礎編と実践編があります。
専門的な知識やスキル、支援の姿勢を学んでいきます。基礎編は支援員を希望されない方も受講できます。全講座修了者は面接などを経て性暴力被害者支援センター・ひょうごの支援員(アドボケーター)として登録していただくことができます。


2018 支援員(アドボケーター)養成講座 概要

開催期間 2018年9月7日(金)~11月2日(金)までの第1・第3金曜日(基礎編 12講座)
12月2日(日)、2019年1月20日(日)、2月17日(日)、3月17日(日)(実践編 8講座)
会場 県立尼崎総合医療センター内
【県立尼崎総合医療センターへのアクセスはこちら】
住所 尼崎市東難波町 2-17-77
※阪急塚口駅、阪神尼崎駅、JR 立花駅、JR 尼崎駅からバスが出ています。
資料代 5,000円
定員 30名
講師 弁護士、産婦人科医、臨床心理士をはじめ、各分野の支援専門の方で構成しています。
申込締切 8月10日(金)
申込方法
  1. 裏面の受講申込書を性暴力被害者支援センター・ひょうごまで、FAX またはメールにて送信してください。
    FAX:06-6480-1140
    Email:sshien@1-kobe.com
  2. 書面審査のうえ、受講決定通知書をお送りします。
主催 性暴力被害者支援センター・ひょうご

★講師は弁護士、産婦人科医、カウンセラーをはじめ、各分野の支援専門の方で構成しています。
★性暴力被害者支援センター・ひょうごにおいて支援員(アドボケーター)として活動を希望される場合は、
 下記の要件が必要となります。なお現在は男性の支援員登録は行っていません。
1.本養成講座終了後におこなわれる面接を受けていただきます。
2.ただし面接は本養成講座全20 講座の中、5講座以上欠席されると受けることができないことがあります。
  (支援員になるためには全講座受講が前提で、どの講座も必須の内容です。)

ダウンロード
性暴力被害者支援センター・ひょうご主催 支援員養成講座パンフレット+受講申込書
2018年度養成講座要項+申込書.pdf
PDFファイル 1.1 MB

支援員(アドボケーター)養成講座は基礎編(全12 回)と実践編(全8 回)の二部構成になっています。

< 基礎編 >

受講日 時間 講座内容 参加者の声
9月7日(金) 13:30〜14:00 ①オリエンテーション/性暴力被害者支援センターとは 準備中
14:10〜15:30 ②リプロダクティブ・ヘルス/ ライツ(性と生殖の健康と権利)と性暴力
15:40〜17:00 ③医療のできる支援
9月21日(金) 13:30~15:00 ④性暴力被害者の心理について 準備中
15:15~16:45 ⑤法的にできる支援
10月5日(金) 13:30~15:00 ⑥警察のできる支援 準備中 
15:15~16:45 ⑦DV 被害者への支援
10月19日(金) 13:30~15:00 ⑧性虐待が与える心身への影響 準備中 
15:15~16:45 ⑨子どもへの支援
11月2日(金) 13:30~15:00 ⑩性の多様性をふまえた支援 準備中
15:10~16:00 ⑪二次被害防止のために必要なこと~二次受傷とバーンアウトを防ぐ
16:10~17:00 ⑫基礎編の振り返り

< 実践編 >

※実践編は2018年12月から開催します。基礎編の講座を3講座以上欠席されると受講できません。ご注意ください。

受講日 時間 講座内容 参加者の声
12月2日(日) 13:00~13:45 ⑬性暴力被害者支援センター・ひょうごの相談とは 準備中
14:00~16:00 ⑭コミュニケーションスキル~傾聴を学ぶ
1月20日(日) 10:00~12:00 ⑮事例から学ぶ1 準備中
13:00~16:00 ⑯ロールプレイ1
2月17日(日) 10:00~12:00 ⑰事例から学ぶ2 準備中
13:00~16:00 ⑱ロールプレイ2
3月17日(日) 13:00~14:30 ⑲サバイバーの声を聴く 準備中
14:45~17:00 ⑳全体の振り返り

講座に関するお問い合わせ先

講座に関するお問い合わせは、性暴力被害者支援センター・ひょうご事務局まで
TEL:06-6480-1140
Email:sshien@1-kobe.com