★2017年4月3日

法人格を取得し

「特定非営利活動法人

性暴力被害者支援センター・ひょうご」

となりました。

 

 

お知らせ

 講座•催し物のお知らせ他

センターからのお知らせです。

2018年

6月

12日

2018養成講座チラシ

2018年支援員養成講座チラシ
2018年度養成講座ちらし.pdf
PDFファイル 1.1 MB

2016年

3月

05日

DVと性暴力~中絶を決意したとき

2016年3月19日チラシ(表).pdf
PDFファイル 120.0 KB
2016年3月19日チラシ(裏).pdf
PDFファイル 212.6 KB

神戸市DV被害者支援者養成研修事業

シンポジウム
DVと性暴力~中絶を決意したとき

 

DVという支配、とくにパートナーからの性暴力は、被害女性の心身にダメージを与えます。その中で妊娠にいたり「産まない」決意をした女性にはくぐりぬけなければならない多くの困難が待っています。
シンポジウムでは、日本の人工妊娠中絶の「諸事情」に ついて産婦人科医と弁護士の立場から、また被害女性の心理ケアについてフェミニストカウンセラーの立場から報告と問題提起をしてもらいます。
支援者として今いちど、当事者である彼女にとっての 「中絶」が何を意味するのかを捉えなおしてみませんか。
DV被害女性に関わる方々がつながれる機会ともなるよう、多くの支援機関の方のご参加をお待ちしています。

 

シンポジスト
  池田 裕美枝 さん (産婦人科医)
  梁 英子 さん       (弁護士)  
  川喜田 好恵 さん (フェミニストカウンセラー)

 

日 時: 2016年3 月19 日(土)13:15~15:15

          (受付13:00~)
場 所: 一般財団法人 神戸市教育会館 404  
    神戸市中央区中山手通4-10-5
     *来館者用の駐車場はありません

対   象:DV被害者支援に関わる方
参加費:無料
定 員:50人(先着順 お申し込みの必要はありません)

主催:性暴力被害者支援センター・ひょうご  

【お問合せ先】  TEL・FAX : 06-6480-1140

  Email:sshien★1-kobe.com(★を@に変えてください)

 

2015年

11月

09日

2015年12月6日公開講座

「心的外傷後成長」という視点
サバイバーと共に紡ぐ物語

 

(チラシ)

 

講師 井上 摩耶子さん
 フェミニストカウンセラー
京都SARA(京都性暴力被害者ワンストップ相談支援センター)スーパーバイザー
ウィメンズカウンセリング京都代表

 

性暴力とは恐怖と戦慄の体験であり、被害者は身体だけでなく心にも「傷」を受ける―という認識は少しずつではあるが社会に知られるようになりました。たしかに、心的外傷(トラウマ)という視点を持つことで、性暴力被害者の「抱える困難」への理解は深まってきてはいます。しかし、いまだ根強くある「被害者=かわいそうな人、弱い人、助けてあげなければならない人」というまなざしが示しているように、私たちは、どれほど被害当事者の「生きのびる力」を受けとめているでしょうか。
「心的外傷後成長」と言われる「トラウマ体験後の人間的成長」が日本でも注目されつつあります。12月の公開講座では、トラウマカウンセリングやアドボケイト活動(裁判での意見書作成・証言)を続けておられる井上摩耶子さんをお招きし、被害当事者との「外傷ストーリーの再構築」という共同作業の中で感じてきた彼女・彼の「心的外傷後成長」を語っていただこうと思っています。
ご参加をお待ちしています。

 

と き:2015年12 月6 日(日)午後1:00~2:30(受付開始 午後12:30)
ところ:尼崎市女性センター・トレピエ 視聴覚室
最寄り駅 阪急神戸線 武庫之荘駅 南出口よりまっすぐ南へ200m
参加費:無料
定 員 :  60人(先着順  当日満席となり次第、締め切ります。ご了承ください)
【お問合せ】TEL・FAX : 06-6480-1140 Email:sshien@1-kobe.com
事前申込の必要はありません。

主催:性暴力被害者支援センター・ひょうご  

2015年

8月

31日

2015年公開講座

20150927公開講座.pdf
PDFファイル 74.5 KB

2015年

8月

31日

アドボケーター(支援員)養成「基礎」講座

2015支援員養成「基礎」講座.pdf
PDFファイル 208.7 KB

2015年

7月

01日

移転のお知らせ

移転しました(電話番号が変わりました)

 

2013年4月に神戸市内でスタートさせた性暴力被害者支援センターですが、昨年4月に兵庫県立塚口病院との連携という機会に恵まれ、尼崎市内に移転しました。そして、このたび県立塚口病院が県立尼崎病院と統合され、兵庫県立尼崎総合医療センターとして生まれ変わることに伴い、私たちも移転することになりました。
移転に伴い、ホットライン(相談電話)の番号が変わりました。
 ★移転後のホットライン(相談電話) (2015年7月6日~)
TEL: 06-6480-1155     月~金 9:30~16:30

2014年

12月

08日

公開講座 「性暴力と無力感」

性暴力被害者支援を学ぶ

「性暴力と無力感」
講師: 久保田康愛さん
(精神科医、加西市立加西病院精神科部長)
日時: 2015 年1 月18 日(日)

    10 : 00 ~ 12 : 30 (受付9 : 30)
場所: 尼崎市女性センター・トレピエ 視聴覚室
対象:性暴力被害者支援に関心のある方
参加費:無料
定員:80 人
(事前申し込みは不要です。ただし時間厳守でお越しください)


家族やパートナー、知り合い( とくに職場の上司、教員等) からの性暴力は被害が継続することが多く、そのため周囲から理解されなかったり、やっとの思いで訴えた裁判でも「合意があった」という判決が出されることがあります。
「被害が長期にわたるのはなぜか」「周囲から被害として認識されにくいのはなぜか」—性暴力加害者が被害者を孤立無援状態に誘導するプロセスを学習性無力感という視点から解明していきます。


【お問合せ先】性暴力被害者支援センター・ひょうご(事務局)
TEL・FAX : 06-6421-0990 

Email:sshien★1-kobe.com(★を@に変えてください) 
【本講座は内閣府の性犯罪被害者等のための総合支援モデル事業です】

2014年

7月

30日

2014年9月28日(日)公開講座

sshien2014年9月28日公開講座チラシ.pdf
PDFファイル 268.2 KB

 

 

性暴力被害者支援センター・ひょうご公開講座  
性暴力被害者支援をまなぶ

 

2014 年 9 月28 日(日)10~15時

 

第1講座 「少年への性暴力~欧米の最新トラウマセラピー情報と共に」
午前10時~12時 講師 山口 修喜さん(カウンセリングオフィス Pomu主宰)
第2講座 「性の多様性とは~支援者に求められるもの」
午後1時~3時 講師 ステファン・ラルさん(いくの学園、HIVと人権・情報センター等相談員)

 

場 所 : 尼崎市女性センター・トレピエ 視聴覚室
対 象 : 性暴力被害者支援に関わる方、または関心のある方、など
参加費 : 無料
定 員 : 1講座につき 60人(申込み受け付け先着順。定員になり次第締め切ります)
主 催 : 性暴力被害者支援センター・ひょうご

【お問合せ・お申込み先】性暴力被害者支援センター・ひょうご  
  TEL・FAX : 06-6421-0990  Email:sshien@1-kobe.com

 

【お申し込み方法】

下記の必要事項をご記入の上、性暴力被害者支援センターまでお送りください。


◆参加ご希望の講座

① 第1講座のみ参加 

② 第2講座のみ参加
③ 第1講座&第2講座の両方に参加

◆お名前(ふりがな)

◆ご住所

◆お電話番号(日中つながりやすい番号をご記入ください)

◆FAX

◆メールアドレス

◆所 属 等

*なおご記入いただきました内容は、厳重に管理し、本講座でのご連絡等が必要な場合にのみ使用させていただきます。

 

 

性暴力の被害を受けているのは、女性だけではありません。「高校生の性暴力被害実態調査」(2004年)によると、レイプ既遂は女子は5.3%、男子は1.5%に及んでいます。言葉や強制的な身体接触などを合わせた性被害を受けている男子は5~10人に1人となっているのです。成人男性もセクハラ、ちかん、レイプ、ストーカーなどの性被害にあっていますが、なかなか声になっていません。それは、社会のなかに、男性は「性被害にあうわけがない」「あったとしても傷つくわけがない」「傷ついたからといってケアなどいらない」という3重の強固な偏見があるため、長年にわたり男性への性被害は起きていないとされ、見えなくされてきたからです。       (参考/If He Is Raped:

http://ifheisraped.web.fc2.com/
また人間の性は、心の性、身体の性、社会的に身につけていく性、そして好きになる性とさまざまです。支援者には「女」「男」「性」への思い込みに気づくこと、被害者を一人の人間として尊重することが求められています。
9月の公開講座では、日本で初めて男性性暴力被害者のための相談センターを立ち上げた 山口修喜さんと、いくの学園、HIVと人権・情報センターなどで相談員をされているステファン・ラルさんのお2人からお話を伺います。ご参加をお待ちしています。

 

 

 

 

2014年

4月

25日

2014支援員(アドヴォケーター)養成講座

2014年5月25日(日)~11月16日(日)

全8日(22講座)

2014養成講座.pdf
PDFファイル 306.0 KB

2014年 
5/ 25(日)

 ①「性暴力被害者支援センターとは
神戸での1年間の取組みを振り返る」
*公開講座

 田口 奈緒
性暴力被害者支援センター・ひょうご代表 産婦人科医
 ②「性虐待が与える心身への影響とその回復 ~子どもたちのSOSを受けとめるために」
*公開講座

 亀岡智美
こころのケアセンター 精神科医


6/8(日)

 ③オリエンテーション
 ④性暴力とは
 ⑤性暴力被害者の心理~トラウマ
 ⑥医療的支援
6/29(日)

 ⑦警察の支援
 ⑧法的支援
 ⑨コミュニケーションスキル~傾聴とは
7/27(日)

 ⑩事例から学ぶ
 ⑪ロールプレイ(電話対応)
 ⑫ロールプレイ(電話対応)
8/24(日)

 ⑬支援員としてのスタンス
 ⑭サバイバーの声を聴く
9/28(日)

 ⑮少年・男性への性暴力被害 *公開講座
 ⑯性の多様性を学ぶ     *公開講座
10/26(日)

 ⑰事例から学ぶ
 ⑱ロールプレイ(来所対応)
 ⑲ロールプレイ(来所対応)

11/16(日)

 ⑳社会資源を知る~DV被害者のケース
 ㉑社会資源を知る~性虐待のケース
 ㉒全体の振り返り

2014年

4月

25日

5月25日公開講座

支援センター公開講座チラシ.pdf
PDFファイル 213.1 KB

 

性暴力被害者支援センター・ひょうご(旧:性暴力被害者支援センター・神戸)公開講座

 

尼崎から問う 性暴力被害者支援とは

 

「性暴力被害者支援センターとは~1年間の活動を振り返って」
田口 奈緒(「性暴力被害者支援センター・ひょうご」代表 産婦人科医)

「性虐待が与える心身への影響とその回復
    ~子どもたちのSOSを受けとめるために~」
亀岡 智美(兵庫県こころのケアセンター 精神科医)

日 時  : 2014年5月25日(日) 13:00~16:30(開場12:30)
場 所  : 尼崎市女性センター・トレピエ 視聴覚室

対 象  : 性暴力被害者支援に関わる方、または関心のある方、など
資料代  : 2000円(正会員は無料)
定 員  : 80人(申込み受け付け先着順。定員になり次第締め切ります。)

主催:性暴力被害者支援センター・ひょうご(旧:性暴力被害者支援センター・神戸)
共催:尼崎市女性センター・トレピエ

【お問合せ・お申込み先】性暴力被害者支援センター・ひょうご
FAX:06-6421-0990  Email:sshien@1-kobe.com

2013年

9月

09日

養成講座詳細

 ~支援員(アドボケーター)養成講座~

 

性暴力被害者支援センター神戸は、性暴力被害者に対して一人一人の状況やニーズに合わせた総合的な支援ができるワンストップセンターをめざして2013年4月1日に開設しました。                        
    私たちの活動の基本は、性暴力被害にあった人に寄り添い、本人の意思とペースを尊重しつつ、必要な支援へつなげ、これまでばらばらに機能していた行政・民間の支援を有機的に結びつける役割を担うことだと考えています。そのためには、被害にあった当事者に適切なサポートができる支援者の存在が必要不可欠となってきます。
    本講座は、性暴力被害者支援に関わる支援員(アドボケーター)を養成するための講座です。
    本養成講座修了者は、性暴力被害者支援センター・神戸において、支援員(アドボケーター)として活動していただくことができます。(その場合は全講座終了後に面接をおこない、実習期間を経てからとなります。)

 

実施日 2013年11月3日(日)スタート(全20講座)

       
    会場  神戸市男女共同参画センター
(あすてっぷ KOBE)セミナー室
    〒650-0016 神戸市中央区橘通3丁目4番3号 
TEL:078-361-6977

     

受講料 30,000円(資料冊子代・消費税込み)
     ※お振込み入金後の返金はできませんのでご注意ください。
              
    定 員 30名
     
    【申込み】

お申し込みは、以下の①②③の手続きをお願いします。

①受講申込書をダウンロードしてFAX、または必要事項を記載してメールで、性暴力被害者支援センター・神戸まで、FAX・またはメールにて送信してください。


  FAX:078-993-1226

Email:sshien@1-kobe.com 
②受講していただける方には、のちほど「受講確定書」をお送りします。
 (「受講確定書」と共に、受講料入金のための所定の振込用紙をお送りします。)

 ③お送りした振込用紙にて、受講料をお振込み下さい。
    (お振込み後の返金はできませんので、ご注意ください)
    *①②③の手続きを終えられた方から、お申込み受け付けとさせていただきます。

    主 催:性暴力被害者支援センター・神戸
    後 援:神戸市

    内容
    ~支援員(アドボケーター)養成講座~
◆前期「性暴力被害者支援に必要なスキルを学ぶ」
    (前期は公開講座となっていますので、一般の方も参加されます)

11/ 3(日)実施日  2013年 11月3日(日)スタート (全20講座)
    *日時と講座内容の詳細は、裏面をご覧ください。
          
    会 場   神戸市男女共同参画センター
(あすてっぷ KOBE)セミナー室

    〒650-0016 神戸市中央区橘通3丁目4番3号 
TEL:078-361-6977

受講料 30,000円(資料冊子代・消費税込み)
※お振込み入金後の返金はできませんのでご注意ください。
              
    定 員   30名

     
    【申込み】

お申し込みは、以下の①②③の手続きをお願いします。

①裏面の受講申込書を性暴力被害者支援センター・神戸まで、FAX・またはメールにて送信してください。
 FAX:078-993-1226

Email:sshien@1-kobe.com 
②受講していただける方には、のちほど「受講確定書」をお送りします。
 (「受講確定書」と共に、受講料入金のための所定の振込用紙をお送りします。)
 ③お送りした振込用紙にて、受講料をお振込み下さい。
    (お振込み後の返金はできませんので、ご注意ください)
 *①②③の手続きを終えられた方から、お申込み受け付けとさせていただきます。


    主 催:性暴力被害者支援センター・神戸
    後 援:神戸市

 

【内容】
◆前期「性暴力被害者支援に必要なスキルを学ぶ」(前期は公開講座となっていますので、一般の方も参加されます)

 

①11/ 3(日) 13:30~15:30
「性暴力被害者救援センターとは」
 加藤治子氏(阪南中央病院 産婦人科医/性暴力救援センター・大阪代表)
 
②11/10(日)10:30~12:00
「性虐待について」
  稲垣由子氏(甲南女子大学教授)
 
③11/10(日)13:30~15:00     
 「性暴力を受けた少年や男性の支援」
 山口修喜氏(カウンセリングオフィスPomu主宰)        
 
④11/17(日)10:30~12:00
「強かん神話と二次被害」
 原田薫氏(性暴力救援センター・大阪)
 
⑤11/17(日)13:30~15:00
「性暴力被害者の心理・トラウマ」
  久保田康愛氏(市立加西病院 精神科医)
 
⑥12/ 7(土)13:30~15:00
      「性暴力被害に対する法律支援~刑事・民事~」
  西部智子氏(法律事務所ユノ 弁護士)
 
⑦12/7(土)15:20~16:50
「医療的支援」
 田口奈緒氏(なでしこレディースホスピタル産婦人科医/性暴力被害者支援センター・神戸代表)

 

◆後期「性暴力被害者支援に必要なスキルを学ぶ」
2014年
1/19(日)13:30 ~ 14:00 ⑧オリエンテーション 
      14:00 ~ 16:30 ⑨アドボケーターとしてのスタンス 
1/22(水)14:00 ~ 15:30 ⑩ジェンダーの視点からみる支援 
          15:45 ~ 16:45 ⑪女性のからだを知る 
2/ 5(水)14:00 ~ 16:30 ⑫コミュニケーションスキル 
2/12(水)14:00 ~ 16:30 ⑬事例から学ぶ 
2/26(水)15:00 ~ 17:30 ⑭事例から学ぶ 
3/ 2(日)10:30 ~ 12:30 ⑮ロールプレイ(電話対応) 
          14:00 ~ 16:30 ⑯ロールプレイ(来所対応) 
3/12(水)14:00 ~ 15:00 ⑰サバイバーの声を聴く 
          15:15 ~ 16:45 ⑱被害者家族への支援 
3/19(水)14:00 ~ 15:00 ⑲性暴力被害者支援センター・神戸の支援員として 
          15:15 ~ 16:45 ⑳全体ふりかえり(および支援員希望者への説明) 

★性暴力被害者支援センター・神戸において、支援員(アドボケーター)として活動を希望される場合は、
    下記の要件が必要となります。
    1.本養成講座終了後におこなわれる面接を受けていただきます。
    2.ただし面接は、本養成講座全20講座のうち、3講座以上欠席されると受けることができません。
    (支援員になるためには全講座受講が前提で、どの講座も必須の内容です。)
 
【受講申込】
    本受講申込書をダウンロードしてFAX、またはメールに必要事項をご記入の上
    性暴力被害者支援センター・神戸

FAX:078-993-1226

Email:sshien@1-kobe.com
まで、お送りくだい。

 

★本養成講座を受講したい動機をご記入ください。

★本養成講座終了後に、性暴力被害者支援センター・神戸において、支援員(アドボケーター)として活動することを希望されますか?
    *希望する  *希望しない
  ↓
 希望される場合は、その志望動機をご記入ください。

 

●お名前(ふりがな)●ご住所 ●お電話(講座に変更等があった場合は、こちらからご連絡する場合がございます。
ご連絡しても可能な番号をご記入ください)●メールアドレス
●現在またはこれまでのお仕事・活動等 ●所 属 等 

なおご記入いただきました内容は、厳重に管理し、本講座でのご連絡等が必要な場合にのみ使用させていただきます。

2013年

8月

01日

公開講座詳細

性暴力被害者支援センター・神戸「公開講座」

~性暴力被害者支援に必要な知識を学ぶ~
 
性暴力被害者支援センター神戸は、性暴力被害者に対して一人一人の状況やニーズに合わせた総合的な支援ができるワンストップセンターをめざして2013年4月1日に開設しました。 私たちの活動の基本は、性暴力被害にあった人に寄り添い、本人の意思とペースを尊重しつつ、必要な支援へつなげ、これまでばらばらに機能していた行政・民間の支援を有機的に結びつける役割を担うことだと考えています。
性暴力被害にあった人へよりよい支援を提供するために、また誰もが安心して暮らすことのできる性暴力のない社会を作るために公開講座を開催いたします。皆さまのご参加をお待ちしています。
 
内容
 ①11/ 3(日) 13:30~15:30
「性暴力被害者救援センターとは」
 加藤治子氏(阪南中央病院 産婦人科医/性暴力救援センター・大阪代表)
  
 ②11/10(日)10:30~12:00
「性虐待について」
  稲垣由子氏(甲南女子大学教授)

  
  ③11/10(日)13:30~15:00     
 「性暴力を受けた少年や男性の支援」
山口修喜氏(カウンセリングオフィスPomu主宰)        
 
 ④11/17(日)10:30~12:00
「強かん神話と二次被害」
 原田薫氏(性暴力救援センター・大阪)
 
 ⑤11/17(日)13:30~15:00
「性暴力被害者の心理・トラウマ」
  久保田康愛氏(市立加西病院 精神科医)
 
 ⑥12/ 7(土)13:30~15:00
 「性暴力被害に対する法律支援~刑事・民事~」
  西部智子氏(法律事務所ユノ 弁護士)
 
 ⑦12/7(土)15:20~16:50
「医療的支援」
 田口奈緒氏(なでしこレディースホスピタル産婦人科医/性暴力被害者支援センター・神戸代表)
 

場 所:神戸市男女共同参画センター(あすてっぷKOBE) セミナー室1

神戸市中央区橘通3丁目4番3号  ℡:078-361-6979

対 象:性暴力被害者支援に関わる方、または関心のある方、など

参加費:1講座につき¥1,000 (全講座お申込みの場合 ¥6,500)

定 員:50名(申込み受け付け先着順にて定員になり次第締め切ります。)

申込み:性暴力被害者支援センター・神戸  FAX:078-993-1226 Email:sshien@1-kobe.com 

お申し込みは、以下の①②の手続きをお願いします。

①参加申込用紙(ダウンロードしてください)またはメールに必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお送りください。

②参加費をお振込みください。

 郵便振り込み先:性暴力被害者支援センター・神戸 : 口座番号 00980-7-328764 

 (お振込み後の参加費の返金はできませんので、ご注意ください)

*①②の手続きを終えられた方から優先的に、お申込み受け付けとさせていただきます。

主 催:性暴力被害者支援センター・神戸

共 催:あすてっぷKOBE(神戸市男女共同参画センター)


★申込み
(参加ご希望の講座をご記入ください)
 
 講座①~⑦ すべての講座に参加します
 ¥6,500
 
 講座①「性暴力被害者救援センターとは」
 講座②「性虐待について」
 講座③「性暴力を受けた少年や男性の支援」
 講座④「強かん神話と二次被害」
 講座⑤「性暴力被害者の心理・トラウマ」
 講座⑥「性暴力被害に対する法律支援 ~刑事・民事~」
 講座⑦「医療的支援」
 (各¥1,000)
 
参加費合計
 (¥     ) 
    
★下記ご記入をお願いします。
なおご記入いただきました内容は、厳重に管理し、本講座でのご連絡等が必要な場合にのみ使用させていただきます。

●お名前(ふりがな)●ご住所● お電話(講座の変更等があった場合、こちらからご連絡する場合がございます。ご連絡可能な番号をご記入ください)●メールアドレス●職種●活動等●所属等

上記をファクスかメールでご送付の上、参加費合計金額をお振込みください。(お振込み後の返金はできませんのでご注意ください。)

郵便振り込み先:性暴力被害者支援センター・神戸  00980-7-328764

*ご参加は振込み完了をもって確定となります。当日、研修会場にお越しください。お待ちいたしております*

2013年

8月

01日

養成講座チラシ

youseikouza.pdf
PDFファイル 1.4 MB

2013年

8月

01日

公開講座チラシ

koukaikouza.pdf
PDFファイル 1.1 MB

2013年

8月

01日

公開講座・支援員(アドボケーター養成講座)のお知らせ

●公開講座

「性暴力被害者支援に必要な知識を学ぶ」

①11/3(日)②③11/10(日)④⑤11/17(日)⑥⑦12/7(土)

詳細はこちら

チラシダウンロード

 

●支援員(アドボケーター)養成講座

「性暴力被害者支援に必要なスキルを学ぶ」

前期:①11/3(日)②③11/10(日)④⑤11/17(日)⑥⑦12/7(日) (前期は「公開講座」です)

後期:2014年1/19(日)~3/19(水)

詳細はこちら

チラシダウンロード