性暴力を受けたとき、なかなか受け入れられなかったり、様々な理由から助けを求めることへの葛藤が生まれるのは自然なことです。秘密は守ります。安心してご相談ください。

ホットライン 06-6480-1155
開設時間 月~金9:30~16:30(祝休日、年末年始除く)

NEW!「性暴力とは?」のページを更新しました。

♪ブログひょうの道中記の見方→ PC画面ではトップページ右肩をクリックしてください。スマホ画面からは右肩の三本ラインをクリックして、ホームの表示の + を押してください。

相談する


ホットライン

ホットライン:06-6480-1155
(月~金9:30~16:30 祝休日・年末年始除く)
「これって性暴力?」「どうしたらいいの?」「家族にも誰にも言えない」「病院や警察に行くのが怖い」・・・お電話ください。私たちがお話をうかがいます。ご家族や友人、関係機関等の方もご相談ください。

面談・病院等付き添い (予約制)

ゆっくりとお話を伺い、あなたの意思とペースを尊重します。話し合いながら、どうしたいか、あなたが選ぶお手伝いをします。連携している県立尼崎総合医療センターなどの医療機関等につきそうことができます。

メール相談

電話での相談が難しいとき、話すよりも書きたいとき、ホットラインの開設時間内に相談ができないときなど、メールで相談できます。


つながる


ひょうご性教育研究会

性に関して必要な内容を学校関係者、助産師など多様な立場の方と意見を交換しています。お問い合わせは、事務局:06-6480-1140まで

講座

性暴力って何? 被害にあったらどうしたらいい? 加害も被害も防ぐために学校、職場、地域のご要望に応じ講師を派遣します。お問い合わせは、事務局:06-6480-1140まで
養成講座やシンポジウムなどは下のボタンをクリックしてください。

バーチャルワンストップ支援センター

Web上で、いつでもどこからでも被害者が支援機関を検索でき、支援機関がネットワークを形成できるシステムに協力しています。